常温でもおいしい!天然 超軟水 ナチュラル ミネラルウォーター 戸隠の湧水(天然水)
戸隠の湧水(天然水) トップページ神秘の国 戸隠戸隠の湧水(天然水) 水質について戸隠の湧水(ナチュラルミネラルウォーター) おもしろ実験こんな方にお勧め入浴水「しょうま湯の元」戸隠の湧水(天然水) お買い求め戸隠の湧水(天然水) お問い合わせ



  • 取り扱い商品カテゴリ
戸隠の湧水
しょうま湯の元

  • Contents
  • ナチュラルミネラルウォーター
    戸隠岩戸清水関連リンク

ブログ 戸隠岩戸清水 信州戸隠から信州長野の名水「戸隠の湧水(天然水)」を贈ります。

株式会社ニシボリ環境設備開発

ミネラルウォーター大会様評価

ケータイからのご注文

モバイル版戸隠岩戸清水の名水「戸隠の湧水(天然水)」QRコード
神秘の国 戸隠

| >>岩戸伝説 | >>鬼女紅葉伝説 | >>黄金のカエル |

天然高波動超軟水ミネラルウォーター戸隠の概要とその神秘性について


戸隠は長野県長野市北部の一つの地区です。2005年(平成17)に上水内群の戸隠村、豊野町、鬼無里村、更級郡の大岡村と合併して長野市となりました。旧村域では、北は新潟県と接し、戸隠山と飯縄山に囲まれた高原地帯にあって、その大部分は上信越高原国立公園域となっています。
特に標高1,904mの戸隠山は戸隠連峰の一峰で、信州100名山にも選ばれ、北信五岳のひとつにも数えられています。更にそれと並んでそびえる高妻山は日本100名山の一つでもあります。
間近で見ればそのゴツゴツとした岩肌をむきだしたような奇怪な姿からも、古事記に描かれた神話が生まれたのもうなずけますね。
地学的には400〜270万年前頃の新第三紀の海底火山が作った火成岩が山体を形成していると考えられ、山体を構成する岩石のうち堆積岩層からは寒流系の貝類、魚類、鯨などの化石が見つかっていますが、古来より修験僧の信仰地としても栄えてきたのもその神秘的な雰囲気が原因だったかも知れません。

現在では長野市中心から戸隠山麓の戸隠高原には戸隠バードラインが走り、直線にして20km余りの距離はおよそバスで40分程度で行くことができます。また、南部を流れる裾花川沿いには国道406号線が通じ、四季折々の風景を楽しみながら車を走らせることができます。
もともとは戸隠神社(奥社)を中心としてきた村で、中社、宝光社と典型的な宗教集落が形成されており、現在も宿坊や飲食店、あるいは土産屋がたち並んでいます。

そもそも“戸隠”の名の由来ですが、アマテラスオオミカミが高天ヶ原の天の岩戸に隠れたとき、タジカラヲノミコトがその岩戸をこの地まで投げ飛ばして世の中に光を取り戻したという伝説によるもので、神話とは切っても切り離せない関係にあります。平安期に生まれたと考えられる鬼女紅葉伝説にしても然り、戸隠に足を踏み入れればその独特な神秘性に胸躍らさずにはいられません。

また政略的な位置づけとしてもあまり知られていない一面を持っています。時は戦国川中島の合戦当時、多くの修験者や信仰者集団を抱えていた戸隠神社や飯綱神社は、武田軍と上杉軍にとってはどうしても味方につけたい存在でした。修験者は広く各地の情報にたけ、多くの人々を牽引して戦況を占うこともできました。その他、薬草の知識も豊富で従軍の医者としての期待も大きかったといいます。これらをめぐり熾烈な戦闘が繰り返されていたのです。戸隠流忍者の発祥はさらにその前、木曽義仲の時代にまでさかのぼります。
 

現在では宗教的な要素はすっかり薄れ、レジャーや観光地、あるいはパワースポットの名所としての色が強くなり、高山植物が豊富な戸隠高原をはじめ戸隠森林植物園、戸隠スキー場、キャンプ場、牧場、戸隠そば博物館などに多くの人が訪れています。
特に蕎麦の名産地としては全国的にも知られ、戸隠そば協同組合が地域全体の活動として取り組んでおり、各家庭には必ず蕎麦打ち職人がいるといわれるくらい生活に密着しています。
この蕎麦ももとは修験者の携行食料として戸隠に入ってきたと伝えられています。しかし当時の蕎麦は現在のような蕎麦きりではなく、そば餅のような形態の蕎麦がきであったと考えられています。
いずれにせよ地産の蕎麦は地元の水によって育ち、蕎麦を打つ時も地元の水を使用していることは事実です。

神秘の国戸隠───。
ここでは戸隠にまつわるさまざまな話を随時掲載していく予定です。

戸隠山

水質について

「戸隠の湧水」お買い求め


戸隠の湧水 しょうま湯の元

神秘の国 戸隠水質についてこんな方におすすめ戸隠湧水そばしょうま湯の元お買い求めお問い合わせトップページ

Copyright (C) Togakushi Iwato Shimizu Corporation. All Rights Reserved.